何故転売ビジネスで過去の商品が高額で取引されるか

NO IMAGE

せどりや転売ビジネスで何故過去の商品の取引が高額で取引成立するのかと言う問題ですが、まず、せどりで商品を販売する場合特商法の記載をしておくことで詐欺事業者ではないと第3者に知らせることが可能です。

その上で特商法はあくまで取引において勧誘行為やねずみ講のような販売形態を行わないということを約束するものであるため、実は特商法は価格に対しては全く規約で定めておらずあくまで取引形態を守っていれば違法とならないのです。

その為、高額商品となり得るかのような商品を販売しても何ら副業としては詐欺行為には当たらずどのような商品でも高値で販売することが出来るのです。

唯一詐欺であると言われるとすれば商品の状態の他、商品が異なることが挙げられますが、こちらについては、詐欺であるというよりかはすでに販売を終了した商品の在庫が経年劣化している場合もあるため一概に詐欺である商品であると結論付けることも難しいです。

つまり、せどりや転売ビジネスが口コミにおいてマイナスとなる部分は、価値が認められている販売終了した商品ではない商品を高額で販売している人物がいるが故せどりや転売ビジネスの評価が下がってしまっているのです。

例えば、在庫の数が少ないだけで商品自体はすぐに補充される商品を転売目的で大量に購入し第3者が大量に販売している場合、評判はマイナスとなりますが、すでに販売を終えている商品を少数高額で販売している物は希少性を理解したうえで商品を販売しているため正当な販売となります。

これらは自動車の部品関連でも同様に自動車の部品の価格が値上がりをするのは在庫の数が減少し、修理部品としての価値が上がるため価格が上昇しますので何ら個人で価格を上昇さえた上で販売する行為自体は問題は無いのです。

これが何故転売ビジネスで過去の商品が高額で取引されるのかと言う問題の答えになりますが、要は数が無いが故、希少性が生まれそれを欲している方からすれば価格に見合う価値であるが故トレードが成立するのです。
一方で価格を吊り上げたいが故大量購入をした商品を売りさばこうとする在庫を抱えた上で販売するタイプのせどりや転売ビジネスはビジネスとしては成功をおさめにくくその理由は一部の物が意図的に在庫を所有している点、営利目的が強すぎる点があり、そのような人物からは商品を購入しようと考える人物がいないということです。

結論については、転売やせどりで過去の製品の高額売買が成立するのは商品の希少性故ですが、意図的に商品を希少に仕様とした場合、悪質な転売事業者であると思われ副業として転売事業が成立しなくなる要因になることもあるということです。